こんにちは@こんぶろぐです。


インドネシアやシンガポールにもいましたが、ここマレーシアに到着して驚いたことの1つにスカーフを頭からかぶった女性がめちゃくちゃ多いなと感じたことがありました。

monthly_2015_04_21
画像:日本語パートナーズ

それもそのはずで、マレーシアの国教は”イスラム教”。
60%以上がイスラム教らしいです。


このスカーフはマレー語ではトゥドゥン、アラビア語ではヒジャブと呼ばれています。


イスラム教の女性といえば家族以外の異性になるべく肌を見せてはいけないという教えがあることは知っていましたが、実際に自分たちが行ってみてこのトゥドゥンをかぶっている女性たちをみると「あぁ本当にこういう世界があるんだなぁ」と、あたりまえですが感じました。


あと、こういう宗教関係のものって地味なものかと思っていたら、最近はこんな感じでカラフルなものも多く、ファッションとして取り入れられてもいるようです。実際にカラフルだったりブローチを付けている人も多くいました。
8342b832-s

ファッション雑誌も出ているようです。
f91c4128-s
画像:マレーシア政府観光局



さて今回はマレーシアの中でも最大のイスラム教聖地であり、クアラルンプールに来たら一度は行きたい人気観光地でもある”Masjid Sultan Salahuddin Abdul Aziz Mosque”(通称ブルーモスク)で、妻さんが人生初のトゥドゥンを着てみたら、オシャレどころかなんか中途半端なドラえもんにしか見えなかった話です。



TODAY'Sこんぶ出汁
●ブルーモスクってどんなところ?
●クアラルンプールでの電車の乗り方。
●悲報、、、今行っても修復工事中でキレイな写真が撮れない!?
●ブルーモスクのガイドさんに色々と気になることを聞いてみた!

※TODAY'Sこんぶ出汁(ダシ)とは昆布出汁が料理の味に深みを与えておいしくしてくれる様に、みなさんの海外旅行に深みを与えて、少しでも”おいしくなる情報”を今後も少しづつ記事内に混ぜ込んでいきたいと思っています。



□ブルーモスクってどんなところ?

ブルーモスクの正式名称はスルタン・サラディン・アブドゥル・アジズ・モスク(英語:The Sultan Salahuddin Abdul Aziz Shah Mosque、マレー語:Masjid Sultan Salahuddin Abdul Aziz)という長い名前です。あまりの長さにもっと短い愛称の”ブルーモスク”と呼ばれています。


愛称の通り青と白が基調の建物で、天気のいい日にいくとめちゃくちゃキレイなようです。
天気のいい日に行けば、、、



そもそもモスクって何をするところかというと、イスラム教徒用の礼拝施設です。

イスラム教徒は1日5回、聖地メッカに向かって礼拝して聖典コーランを唱えます。それは家でやったり宿泊先のホテルでやったりと出来ますが、みんなで礼拝する場合はこのモスクという施設に行って行われます。その他にも断食明けに食事会を開いたりもするそうです。沐浴場があったり、図書室があるモスクもあるそうです。

実際モスク自体は様々な場所にありますし、モスク以外にもホテルの天井にメッカの方角を示している矢印があって、礼拝できる用になっていたりします。

インドネシアのホテルにもありました。はじめは何だコレ?避難経路?と思ったほどです。
8b95c693

空港にも祈祷室(Prayer Room)というのがあったりします。

それほどイスラム教において、この礼拝は大切なものということですね。



今回私たちが行くブルーモスクは、そんな数あるモスクの中でも世界で4番目に大きいモスクです。その収容人数はなんと24,000人だそうです、、、、

横浜アリーナの収容人数が17,000人だから、、、24,000人ってすごいな!




□ブルーモスクに電車で行ってみよう!


ブルーモスクへはバスやタクシーなどでも行けますが今回は電車で行ってみました。正確には最寄り駅まで行ってそこからタクシーで向かうことになります。最寄り駅から歩くのはちょっと無理そうな距離でした。

まずホテルのある駅からKL Sentral駅まで向かいます。

KL Sentralまでの電車の乗り方は日本と似ていて券売機で行きたい駅を選んでお金をいれます。
IMG_2569

するとプラスティック製のコインが出てきます。
IMG_2570


このコインを改札口にタッチします。
IMG_2573

電車はめちゃくちゃキレイです。
IMG_2584


乗車時の禁止事項、、、、ん?
IMG_2583

車内でのキスは禁止らしいので注意しましょうw
IMG_2583 のコピー


しばらくしてKL Sentral駅に到着です!さっきのコインを改札機に入れて改札外にでます。
IMG_2291


ここからはKTMコミューターという電車でいきます。
ブルーモスクの最寄り駅は”Shah Alam(シャーアラム)”という駅です。


KTMコミューターのカウンターまでいってスタッフにシャーアラムに行きたい旨を伝えるとチケットを買うことができます。

チケットはレシートの様な紙製です。
IMG_2588


さすがに東京の山手線の様に2、3分毎に電車がでているわけではなかったので、40分くらい時間があいてしまいました。

しかたないのでKL Sentral駅に直結しているモールに入っているドーナツ屋さんで休憩することに。
IMG_2575

実はこの時、カフェに行きたい派の妻さんと、40分位駅内で待てばいいじゃんという私との間で醜い争いが繰り広げられていました。なので写真はちょっと不機嫌な妻さんです。
IMG_2578

ドーナツは旨かったです!


・・・


時間になったのでKTMコミューターに乗って向かうはシャーアラム駅!!


電車に揺られること約40分くらいで
目的地シャーアラムに到着です。
IMG_2585

この駅はちょっとさみしい感じ。
IMG_2586


改札を出るとタクシーのおやじの群れが寄ってきます。
ここからブルーモスクはタクシーで約10分くらい。


歩いてはちょっと厳しい距離なので自然とタクシーに乗るしかありません。


値段を聞くと10RM(約250円)とのこと。
たしかコレぐらいが相場だったと思うのでこの金額でむかってもらうことに。
この駅に来る人はたいていがブルーモスクを目指すので、他に行く人を捕まえて相乗りするともっと安くいけると思います。


ついにブルーモスク到着です!!



□ブルーモスクは2019年ごろまで修復工事中・・・?


タクシーからブルーモスクが見えてきました。
中心にそびえるデカイドームを象徴としたブルーモスク!


が、サイトとか雑誌に載っている姿と何かがちがう((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

IMG_2631


なんかドームのところに足場が組まれていて工事中っぽいです。。。
そして天気が曇っている、、、、

もはや修理中のR2-D2にしか見えない、、、


正面から見るとこんな感じです。あんまり青くない、、、
IMG_2625

後々ガイドさんに聞いた情報によると、2016年前半くらいから修復工事が始まって、この工事はあと2、3年は続くとのことです。

なので、キレイなブルーを見たい方は2019年ごろまではあまり期待できないので要注意です。


私たちの様に他の人の写真で我慢しましょう!
なんて幻想的なんだ(;O;)
20150428195248

20150428195231
画像:外の世界は意外と楽しい



□ブルーモスクに入場するための簡単な手続き。



外観の感動は早々に諦めていよいよ中に入ってみることに!
無駄に広い正面の噴水エリアを抜けて、奥の入り口までいきます。


ブルーモスクの入場料は無料です。しかも無料でガイドまで付いてくれます\(^o^)/
パスポートとかも必要ありません!



ここで簡単な手順があります。手順はこんな感じです。


①まず受付に行って見学したい旨をスタッフに伝えます。
②芳名帳に今日の日付と名前などを記入します。
③女性は入場するにあたりトゥドゥンを借りられます。(無料です。)
④ガイドさんと一緒にモスク内を見学します。


なんでこんなに何もかも無料なのかと言うと、ガイドさんいわく、イスラム教の事をもっと知ってほしい、そして正しい認識をもって欲しいからとのこと。

たしかに近年は”イスラム”と聞くだけで自爆テロだったり、怖いっていうイメージが先行してしまいますからね。

イスラム=怖い

もちろん全員がこんなではないことは頭ではわかっているんですが、どうしてもニュースなどの刷り込みでこう思ってしまいます、、、

なのでこれを機にちゃんと知りたい思います!



□妻さんがトゥドゥンを着たらこうなった。


受付で簡単な署名を終えて
IMG_2620
 
いよいよ妻さんがトゥドゥンを着ることに。

ズラ~と並んだトゥドゥン。
IMG_2619
 


さっそく着替える妻さん。トゥドゥンは羽織ってボタンで止めるだけなので更衣室とかには行きません。
IMG_2590

あ!ここまではなかなかイイ感じです!
なんかハリーポッターの生徒みたいですね!
IMG_2591


が、しかし
なぜかスカーフを被ると、、、

27


なんだろう、、、この感じ。。。
ドラえもんの様な、、、千と千尋のカオナシの様な、、、
なんとも言えない微妙なキャラクターが出来上がってしまいました。


あまり笑っているとドツカれてしまうので適度に褒め称えながら、ガイドさんと一緒にモスクの中に進みます。


今回はちょうど他に日本人の観光客グループ10人程度もいたので、そのグループと一緒に周ることに。
聞くとなんと豪華客船で地球一周しているグループとのことでした。

昨日までシンガポールで、次はインドに進むそうです!

子供とか家族で周ることを考えると豪華客船クルーズツアーってすごく羨ましいです(´・ω・`)



□ガイドさんに気になることを聞いてみた!

豪華客船グループの皆さんとガイドさんと一緒にモスクの中に進んでいきます。
IMG_2599

この時の私は荷物持ちです。規則的にならんだ構造が美しい!
IMG_2606

正面に進むとそこはメインドームの中です。ひろい!直径100mあるそうです!
IMG_2616

天井もスゴイ!巨大な穴が空いている様に見えます。
ぶら下がっているシェンデリアもドデカイ!
IMG_2612

そしてガイドさんの話しも大詰めです。モスクの役割や歴史、イスラム教についてなどを教えてくれました。
27〜29_1485

みんな真剣に聞いている中、子どもたち、、、自由すぎw
27〜29_2108


そして質問タイム。

実は豪華客船グループの中に英語を話せる人がいて、その人がガイドさんとの間に入って通訳をしてくれたのでした!

なので聞きたいことを色々と質問することができました。


●家などでも礼拝はできるのになんでわざわざモスクに行くのか?
それは人とのつながりを求めるため、コミュニティを広げるためだそうです。
決してエアコンが効いているからでないそうですw


●なぜイスラム教徒は1日に5回も祈るのか?
この祈りは一回一回違う祈りのようです。祈りは季節だったり、生命の誕生だったり、神の行為だったり、宇宙創生だったりに祈っていて、この5回で1セットです。なので5回祈るのだそうです。


●なぜイスラム教の女性は肌を隠すのか?
イスラム教は女性をとても尊重していて、他の男性の視線から守るために肌を隠しているそうです。


●モスクでは男女が別々のフロアで礼拝するが、それはなぜか?
このブルーモスクの礼拝堂は1階と2階に分かれていて、1階が男性で2階が女性の礼拝場所になっています。なぜ男女別々に礼拝するのかというと、神様に集中するためだそうです。つまり異性がいると集中できないということです。
ここらへんは私たちも似たようなものなのでなんか親近感がわきますね!


●何歳から礼拝を始めるのか?
10歳から教えはじめて12歳からモスクに通いはじめるのだそうです。特に女性は12歳ごろから成人扱いになるそうです。あと女性は”女性の日”の時は礼拝をしてはいけないとのことです。


短い時間でしたが何となくですが、イスラム教のことが少しだけわかったような気がします。



□最後に、、、

最後はトゥドゥンを返却して、入場の時に記入した芳名帳に今回の感想を書いておしまいです。

最後にモヤがかったブルーモスクと一緒に記念撮影!
うーん今度来る機会があれば、晴れた日に来たいものです!

27〜29_6708


帰りは正面入り口からだとタクシーが捕まらなかったので、散歩がてらにモスクの裏に周ってみることにしました。


裏に周ってみてもやっぱり工事中は工事中でした。ガーン、、、
よけいR2-D2にしか見えませんでした。。。
IMG_2639



裏側からタクシーを捕まえようかと思ったのですが、なかなかタクシーが走っていません。走っていてもすでに他の人が乗っていたりしました。


私たちは、何とか1台捕まえることができましたが、他の人との相乗りでした(^_^;)


海外での知らない人との相乗りはあまり良い噂を聞かないので、みなさんは正面からタクシーを呼びましょう!受付に言えば呼んでくれるらしいですよ!
 

スポンサードリンク