日本はクリスマス真っ盛り!!


去年の今頃、私たちは世界一周の真っ最中だったわけだが
アジアから先のルートをどうしようか悩みに悩んでいた。

それは


クリスマスをインドで過ごすか
ヨーロッパで過ごすか


という難題。


インドネシアやタイ、カンボジア、ベトナムなどで長く時間を費やしてしまったため、本来であればインドを順調に1ヶ月くらいかけて周ってから飛ぶはずだったヨーロッパにもう飛ばなければならなくなってしまったのだ。


単純にスケジュールの配分をしくじったわけだが、日常のちょっとしたしくじりとは違ってそれが国単位の旅行になってくるとさすがに頭を悩ませた。


だって、クリスマスをインドで過ごすかヨーロッパで過ごすかってかなり違うではないか


ヨーロッパで美しい町並みやお菓子、ホットワイン、チキンダックに囲まれて過ごすクリスマスと
インドで牛や野犬、スリとカレーに囲まれ、ガンジス川で沐浴しながら過ごすクリスマス。。。


個人的にはインドで過ごすクリスマスもネタ的にはありかも、と思ってはいたが、それでもやはりせっかくだからクリスマスはヨーロッパで過ごしたい!という思いの方が勝っていた。


こうして私たちは魅惑と混沌のインドを諦め、クリスマスシーズン真っ盛りのヨーロッパへと向かうことになったのだった。



TODAY'Sこんぶ出汁
●行ってよかった!ヨーロッパのクリスマスマーケットランキングベスト3
●ヨーロッパのクリスマスと日本のクリスマスの違い!

※TODAY'Sこんぶ出汁(ダシ)とは昆布出汁が料理の味に深みを与えておいしくしてくれる様に、みなさんの海外旅行に深みを与えて、少しでも”おいしくなる情報”を今後も少しづつ記事内に混ぜ込んでいきたいと思っています。 

スポンサードリンク



□行ってよかった!ヨーロッパのクリスマスマーケットランキングベスト3!


私たちがクリスマスシーズンに訪れた国はチェコとドイツ、オランダ、ベルギーの4各国。このうちオランダは友人の家に泊めてもらったので除いて、チェコ・ドイツ・ベルギーの3国を実際に訪れてみてのクリスマスマーケットをランキング順にご紹介!


まず栄えある第1位は

ドゥルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルル












ジャンッ!


第1位 チェコ・プラハ


見事第1位に輝いたのはチェコの首都プラハのクリスマスマーケット。
第2位とも悩んだが、町並みの美しさが一歩リードしてプラハのクリスマスが第1位に。
人生で初めて訪れたヨーロッパがプラハだったという心理的要因も大きいかもしれない。

プラハの魅力はなんと言ってもその町並みと、町並みに完全にマッチしているクリスマスマーケットの雰囲気の良さである。


教会とツリーとのコラボ、迫力がすごい!
IMG_7590

ヨーロッパと馬車、反則級にマッチしている
IMG_6676

ホットワインを飲みながら周れるのものも嬉しい!
IMG_6672

チェコの名物”トルデルニーク” バームクーヘンのようなドーナツのような不思議なお菓子。外側にかかっているシュガーとシナモン、内側のヌテラが病みつきになる!
IMG_7575

夜のツリーはまさに圧巻!教会の存在感が、、、魔王とか住んでそう
IMG_7015

こっちはプラハ城の中にある教会。なんつー形状の建物なんだ
20161217_165337

東京の高層ビルが立ち並ぶ風景と比べて、チェコのプラハは高い建物がほとんどなく、ヨーロッパといえばこういう風景だよね!という私たちの期待を裏切らない中世の町並みがしっかりと残っていた。
20161217_163713



ヨーロッパの中では宿泊費や食費も安く何日でもいたくなるプラハがおすすめ第1位! 




続いて、1位は逃したが惜しくも第2位に輝いたのは?



ドゥルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルル












ジャンッ!


第2位 ドイツ・ドレスデン

チェコのプラハには1歩劣るも、ドイツ・ドレスデンのクリスマスマーケットも魅力的だった。それもそのはずで、ここドレスデンのクリスマスマーケットは15世紀から始まっていて世界最古。もうすぐ600回近くの開催を迎える、、、600回ってことは? 600年Σ(・□・;)年季が違う(笑)


ドレスデンのクリスマスマーケットの魅力は、広い広場内にびっしりとあるお店の数だろう!
ヨーロッパ雑貨はもちろん、スイーツやビール、ホットドック、シュトーレン、その他名前はわからないけど見るからに美味しそうな食べ物がマーケット内のいたる所で売られている!


クリスマスマーケットのメイン会場である”ノイマルクト広場”
IMG_7800

カップルから家族、観光客まで多くの人で賑わっている
IMG_7806

ショップがとにかくかわいい
IMG_7805

 中心近くにドドンと立っているクリスマスツリー、背が高い!
IMG_7817
 
ドイツと言えばホットドックでしょう!ソーセージがぶっとい!
★ドイツ★_170212_0007

 
丸いドーナッツ、何気なく買ってみたけどモチモチで美味しかった
IMG_7857
 
フルーツや何かがチョコでコーティングされているお菓子
★ドイツ★_170212_0023


マーケット内には観覧車があったりもする
IMG_7826
 
広いマーケットの中に入るとそこはまるで迷路のよう。ビールやホットワインを片手に色々探しながら、散歩するように周るのが楽しい!!



第3位 ベルギー・ブリュッセル

この町はアイツに支配された町だった。私たちが誰しも一度は聞いたことがあるであろうアイツ。でもコイツがどこにいるのかまでは知っている人は少ないだろう。そう彼はここベルギーのブリュッセルにいたのだ。

私たちがクリスマスマーケットの会場へと向かっていると、とある細い通りの一角がやけに人で賑わっていた。ベルギーはチョコレートで有名な町である。きっと有名なチョコレートの店があるに違いない!

そう思ってその人ごみへと近づいていると、それはチョコレートのお店などではなかった。

そう、そこはアイツの縄張りだったのだ。


なんの変哲もない通りの一角がやけに人で賑わっている
IMG_8553

 
ここはコイツの縄張りだったのだ、、、この”小便小僧”の。
IMG_8561

ドヤ顔で小便をする小僧、、、生意気だ。
それにしても、コイツのチ◯コの位置おかしくないか? 


さっきこの町はコイツのテリトリーと言ったが、辺りを見渡してもらえばわかるだろう。


店前のオブジェにもコイツ
IMG_8574

お土産コーナーにもコイツ
IMG_8579

お土産もコイツになっているほどである
IMG_8755


小僧には飽きたので、いよいよ本番のクリスマスマーケットへと向かおう。


木製で統一されたショップが並んでいて可愛らしい!
IMG_8611

やっぱり昼間からホットワインを飲んでブラブラするのが楽しい
IMG_8622

なぜだかシーソー広場があり、しかも賑わっている
IMG_8667

メイン広場、広場中央にツリーがそびえ立っている!
IMG_8721

キャラクター風船を売り歩く男性、手を離したらえらいことになるなぁ
IMG_8834

ベルギーと言えば忘れてはいけないのが”ベルギーワッフル”

ワッフルの上にたっぷりのクリームとフルーツを乗せるのがベルギースタイル!
IMG_8862
 
カロリーがすごそうだけど、やっぱりせっかく来たからには食べないとね!
IMG_8870
 
あと忘れちゃいけないのがベルギービールである!数がありすぎて迷うw
IMG_8804
 

正直に言うと、、、チェコ、ドイツとずっとクリスマスマーケットに行っていたので、ブリュッセルに着いた時にはクリスマスマーケット飽きを起こしてしまっていた。ベルギーは別名”美食の国”とも呼ばれていることもあり、私たちは決して潤沢ではない資金でひたすらムール貝とビールに舌鼓をうっていたのだ。


今思うと何て贅沢だったんだろう(-_-)


□ヨーロッパのクリスマスと日本のクリスマスの違い!

何だかずっとヨーロッパのクリスマスマーケットの紹介をしていて、肝心の”日本との違い”を書いていなかったことに気がついた。

ただ、ここまでこの記事を読んでくれて写真をみてくれた人の中にはもしかしたら何となく感じ取った人もいるかもしれない。もしくはすでに行ったことがある人はとっくに感じているかもしれない。


ヨーロッパと日本のクリスマスの違い、、、、それは


派手さ


なんかめちゃくちゃく普通のことを言ってしまったが、本当に感じたことだった。


東京で生まれて、東京で育ってきた私からみると、東京のクリスマスはとことん派手だった。
特に感じたのはイルミネーション。


毎年毎年派手になるイルミネーション

去年のテーマはコレ!今年のテーマはコレ!
今年はプロジェクションマッピングを使って〜


日本のと言ってしまうと語弊があるがクリスマス=イルミネーション合戦になっているなぁと感じていた。



どれだけ派手にするか、どれだけ他と差をつけるか、何百万個のLEDライトを使うか


それでもやっぱり、派手なクリスマスはキレイだなと思う気持ちはある
でもそれは「キレイだなー」と心から思うというか、「なぁキレイだろ?キレイと思えよ!」というどこか脅迫概念にも似た思いを感じていた。


ニュースで「このメニューはインスタ映えしますねえ」と言われている感覚。
インスタ映えの誘導尋問みたいな、このメニューを頼んだらインスタ映えするように撮らなきゃダメと言われているような。


それに比べて私たちが訪れたヨーロッパのクリスマスは、どこか温かみを感じられるものだった。
それは町並みのおかげなのか、ライトがギラギラしてないからなのか、外国だからなのかはわからないけれど、体温を感じられるものだった。


クリスマスに無理やり入っていくというよりか、自然に溶け込んでいく感覚。


クリスマスだから楽しまなきゃいけないではなくて、自然と楽しめているクリスマス。
そんなクリスマスがヨーロッパにはあった。



日本で働いていてクリスマス時期にヨーロッパにいくのは正直しんどい。
この時期は長期間の休日もないし、会社員なら年末の追い込みでバタバタもしている。

でももし時間が取れることがあるなら、ヨーロッパで過ごすクリスマスは、日本で過ごすのとはまたかなり違った意味でおすすめである!


その時はチェコ・プラハのクリスマスへ!
IMG_6653




■お知らせ

何でも相談!世界一周夫婦による出張講座!

ちょっと大げさなタイトルですが
いつかは世界一周に行ってみたいと思っている人がいたら、悩んでないで何でも相談してください!

不安なことやわからないことは山ほどあると思います。
大抵はネットで調べれば答えは出てきます。

でもそれを1つ1つ調べていたら時間がいくらあっても足りません。
それに、ネットばかり見ていると見たくもない余計な不安事も引っ張ってきてしまったりして
ネガティブな気分になることもあると思います。

ネットの中の情報は時に真実で、時に過剰です。

せっかくのその”行きたい”という気分を大切にしてください!

また、世界一周だけに限らずこんなことで悩んでいる人、こんな事を目指している人の
相談にものれます!


●夫婦で旅をしたいと思っている人
●世界一周とまでは言わないけどアジア周遊とかしてみたいと思っている人
●1人旅にチャレンジしたいと思っている人
●いい加減、旅行会社のツアーに頼らない旅行をしたいと思っている人


旅をするにあたっての各種必要な役所の手続き、本当に必要な持ち物、絶対に持っていったほうが良い持ち物、旅のルート、現地での格安SIMカードの買い方、便利なアプリ、格安航空券の取り方、宿の取り方、現地ツアーの申込方法、帰国後の面倒な手続き、旅先の治安、オススメの場所、最低限必要な英語力といった具体的なことから、私たちが結構ずっと不安だった「現地に着いてからまず何をすればいいんだろう?」といった不安事まで何でも相談していただけます。


連絡方法:このブログやFacebookにコメントやメッセージをください。
訪問場所:東京都内(カフェでも公園でも!)
相談人数:1名でも2名でも複数でも大丈夫です
相談形式:質問者の相談にのります
相談時間:1時間くらい
相談費用:無料ですがカフェであればカフェ代をご馳走ください。



相談のご連絡お待ちしてます\(^o^)/


Facebookページ
@こんぶろぐのFacebookページです。
「いいね!」をしていただけるとブログの更新情報が届くようになりますm(_ _)m








スポンサードリンク