こんにちは@こんぶろぐです。

先日、夫婦で約一年間の世界一周の旅をなんとか無事に終えることができました。
いつもみて頂いている方々ありがとうございますm(_ _)m


最後の想いをつづったクソ長いブログはコチラです↓
旅が終わって思うこと。もしあなたの夢が世界一周だとしたら?


ブログの本流はまだタイに居て、まったく更新が進んでいないのですが、それは今後少しづつ進めていきたいと思います。
「ちゃんとルート通りに書かないと落ち着かない。。。」というブログの呪縛からも開放されかけているので、アッチコッチの国での書きたいことや役に立ちそうなことを優先して書いていきます( ・ิω・ิ)キリッ



といいつつ今回はちょっと番外編です!


それは「世界一周から帰国して感じた日本と海外のアレコレ」について。

私たちは約一年間日本を離れていたわけですが、それも色々な国を渡り歩いていたわけですが、やはり久々に日本に戻ってくると気がつくことがいくつもありました。


ずっと日本にいると気づきにくかったことなので、その今の新鮮な気持ちを書きたいと思います!


TODAY'Sこんぶ出汁
●日本と世界との違いをどこで一番実感したか?
●約一年間日本を離れてみて気がついたこと10選!!
●その国の”教育水準”が垣間見れる瞬間はこんな時!

※TODAY'Sこんぶ出汁(ダシ)とは昆布出汁が料理の味に深みを与えておいしくしてくれる様に、みなさんの海外旅行に深みを与えて、少しでも”おいしくなる情報”を今後も少しづつ記事内に混ぜ込んでいきたいと思っています。

スポンサードリンク



□日本と世界との違いをどこで一番実感したか?

これについてはよく旅人が「いやーやっぱりトイレが、、、」という”トイレ事情”をあげる人が多いのですが、私たちが一番実感したのはこれでした。


ズバリ!水回り!


日本の水回りほど快適&清潔なところはありません!

特に差が出るのはやはりトイレと、そして風呂です!


トイレに関しては”もはやこれただの穴じゃん!”というのは論外で、それなりに”トイレの形状を保っているトイレ”を基準に考えても、やはり日本のトイレは格段に素晴らしいです!


キューバのトイレ。キューバのトイレはなぜだかほぼ便座がありません、、、
IMG_5526


これが発展途上国の1泊数百円とかの宿ならまぁ仕方ないのかなと思いますが、1泊1万円近くするそれなりのホテルでもヒドイところが多々あります。

紙が流れずモノが漂うことも、便器から水があふれることも多々あります。
何度便器の中に手を突っ込んだことか!いや、むしろ腕まで突っ込んでましたよ!!



風呂に関して言えば、今でもトラウマになりつつあるボリビアが最悪でした、、、

もちろん雨水がシャワーとか、もはやシャワーが無いというのならそれはそれである意味アリです。
諦めがつきますし”風呂に入らない”という選択をするので。

ボリビアはかなりの高所なので、仕方がないといえばそれまでなのですが、いかんせん水圧が弱い、、、
そして温度が低い、、、

高所なんでお湯を出そうするために電気式のシャワーが付いてはいますが、シャワーヘッドをいじろうとすると結構な頻度で、、、感電します、、、

ここは電気風呂かッ!!


48


ちなみにこれまで色々なホテルや宿に泊まってきましたが、シャワーホースが付いているシャワーは超レアです。もし旅先で見つけたらその宿はレアな宿なので是非延泊しましょう!

シャワーホースが無いとお尻洗う時変な格好になりますよね?



□約一年間日本を離れてみて気がついたこと10選

その①
シャワーホースが付いている宿やホテルは超レア!

これは先にも少し書きましたが、シャワーホースは神です。
変な体勢でお尻を洗わなくていいですからね!

バスタブが付いているユニットバスタイプはちょこちょこありますが、シャワーホースはかなりレアでした。


その②
日本のコンビニほど品揃いが豊富なところは皆無!


もちろんですがコンビニは世界各国にありました。セブンとかファミマとかも結構ありました。
ただその品揃えまで同じかといったら全くそんなことはなく
おにぎりとかサラダとか、ファミチキとかの”ちょっとした身のある軽食””ちょっとしたもう一品”になりそうなものはあまり売っていませんでした。

お菓子はそれなりにあるんですけどね(^_^;)

ちなみに海外のコンビニには雑誌が置いてあるところはほとんどなく、日本の様に漫画がズラ~ッと置いてある所は一箇所もありませんでした。


その③
チューハイは日本の名物だったのか?


これもコンビニやスーパーについてでの話しですが、海外ではチューハイを一度も見かけることがありませんでした。氷結とかほろよいとかのチューハイのことです。

チューハイ好きの妻さんはいつもガッカリです(;_;)

ただ、ビールとワインの種類はかなり豊富で、しかも日本に比べて格段に安いのでビール好きにはたまりません!!


その④
日本で売っている小物雑貨や文具のレベルは世界最高クオリティ!


更に世界と差をつけているなと感じたのが小物雑貨のクオリティの高さです。
これは特にステッカーとか付箋、ノート、ペンで感じました。

海外製で売ってるステッカーは印刷の解像度が超荒かったりしても平気で売られています。
付箋は糊の強度がイマイチだったり、すぐ丸まっちゃったりします。
ノートは途中でバラけてしまったり、ペンはしばらくすると書けなくなったりと散々でした。

帰国してからLOFTに行きましたが、LOFTって品揃えも含めてこんなスゴイところだったんだと改めて感動です!
LOFTで売られている物も製造自体は海外製の物が多いのに謎ですねw


その⑤
日本の電車は明るくてクリーンな上に、広いし冷暖房完備!!


海外で電車、特に地下鉄などは”もっとも注意するべき場所”の代表格です。
車内や駅が薄暗かったり、ラクガキがひどかったり、ホームレスが多かったりと、いかにも治安が悪そうな雰囲気がプンプン醸し出されています。

ましては冷暖房が完備されている電車なんていうのはかなり稀です。

特にショックだったのは、あのニューヨークの地下鉄ですら、薄暗くて治安が悪そうに見えたことでした。

また、日本の電車は車内の電光掲示板などで今の駅やこれからの駅がわかりやすく表示されますが、海外では電光掲示板はほとんど見かけませんでした。
多くは駅に着いてから車外の駅名看板を探すしかありません。


その⑥
水道水が飲めるってやっぱり素晴らしい!


今や日本の水道水でも飲む人は少ないでしょうが、海外と比べると日本の水道水はやはり圧倒的に安全です。
海外では基本的には飲料水はミネラルウォーターになります。

私たちもいつも500ml〜5リットルサイズのミネラルウォーターを数本単位で買って常にストックしていました。

IMG_9746


飲水はミネラルウォーターでも別に構わないんですが、やはり一番面倒なのは歯磨きや帰宅後&寝起き時のちょっとした”ウガイ”の時です。

毎回毎回ペットボトルのフタを開け締めするのは意外と億劫でしかたありません(^_^;)

何気なく水道水が使えるってやはり素晴らしいことです!


その⑦
食堂やレストランで「すいませんでしたー!」というのは日本だけ


例えば海外の食堂などで、キッチンやホールのスタッフが何かを落としてしまったりした場合、日本ではすぐさま「失礼しましたーー」と聞こえてきますが、海外ではこんなこと全くありませんでした。

なんなら壊した食器やこぼした料理はしばらくそのままで、何かくっちゃべってることすらあります。

とはいえ、よくよく考えてみると日本ではなぜ「すいませんでしたーー」というのだろうかと疑問に思ってしまいます。

もちろん料理がかかってしまった場合などは一言謝って欲しいですが、別に関係無いところで落としたりしても謝る必要はないんじゃないかなと。

日本の飲食店は”ホスピタリティ=へりくだること”になっているような気がしてしまいます。

海外ではこういった”へりくだること”はありませんが、逆に良い意味でフランクな面もあります。
よく客やスタッフ同士でハグしたり、頬にキスしたりするのをよく見かけます。

日本の機械的な対応も安定しているので悪くはないのですが、
海外のこういう人間クサイ関係もちょっとうらやましいなーーと思いますね。


その⑧
日本ではフリーWi-Fiがつながるところが少なすぎる!


世界一周の旅に出る前に、私のスマホはキャリア契約を解除してsimロックも解除していたので、当然帰国してからは電波がつながりません。

当然いたる所でフリーWi-Fiを探すのですが、これがなかなか苦労しました。

海外であればどのレストランや施設でも、弱いことも多いですが大体はフリーWi-Fiがつながります。

Do you have a wi-fi password?と何回聞いたかわかりません。
それほど海外ではフリーWi-Fiの環境が整っていました。

そもそも日本ではなんでこんなにWi-Fi環境が整ってないんですかね?
やっぱりキャリアの利権関係なんでしょうか。。。


その⑨
何だかんだ言っても日本の役所仕事は素晴らしい!


日本にいるとよく「このお役所仕事がッ!」とか「これだから公務員はッ!」ということを言ってしまいますが、ハッキリ言って日本の公務員の仕事は素晴らしいです。

接客対応や受付からの流れ、待ち時間、手続きの速さなどの良さは、一度日本を離れてみると特に実感できます。

これはカンボジアとベトナムの国境での出来事です。

イミグレ(出入国管理所)のパスポートチェックで長蛇の列が出来ているにもかかわらず、賄賂を渡せば優先的に通れるみたいなことが平気でまかり通っています。あと色々な所で不法な賄賂を要求されるという話もよく聞きます。

海外だと”賄賂”も一種のコミュニケーション手法なんでしょう、、、きっと。


その⑩
妻さんの化粧バッチリ姿に戸惑う、、、


海外にいると日本の様に毎回化粧をバッチリ!というわけではありません。
今日はスッピンとか、眉だけとか、眉とリップにチークをちょっととか場面場面によって使い分けていました。
女性ってすごいですね。

日本に帰国してから、外出するときに妻さんは当然化粧をきちんとするんですが、それが、、、なんか久々すぎて戸惑うというか、、、

これ以上は怖くて私の口からは言えません(´;ω;`)



 □その国の”教育水準”が垣間見れる瞬間はこんな時!

色々な国を周っていると、その国の教育水準がどのくらいなのかが何となくですが垣間見えてきたりします。

教育水準と言うと子供の頃からの英才教育云々などがありますが、ここではそんな難しいことではなく、旅行中に私たちが感じられたレベルの話しです。

旅行中にこの瞬間を意識してみると「なるほどなー!」と妙に納得できちゃうから不思議なんです。


その瞬間とは
車が通行人に道を譲ってくれるかどうか

です。
※信号が無い道を渡ろうとした時です。


これは国によって面白いくらい分かれるのでちょっと意識してみると楽しいですよ(^^)


◯道路が混んでいても空いてても毎回親切に道を譲ってくれる国
→ヨーロッパ圏やアメリカで多かった印象です。

◯道路が混んでいる時に仕方なさそうにも道を譲ってくれる国
→メキシコとか

◯通行人は完全無視!我先にと通過しようとしてくる国
→アジア圏に多かったです、、、みんな我先でした。ドバイはもっと最悪でした、、、


これはその国の文化的な違いももちろんあるのでしょうが、やはり道を譲ってくれる国はどこか”心にゆとりがある”様に感じられました。

日本はどうでしょうかね?道を譲ってくれますか?
あなたは道を譲りますか?



■お知らせ

何でも相談!世界一周夫婦による出張講座!

ちょっと大げさなタイトルですが
いつかは世界一周に行ってみたいと思っている人がいたら、悩んでないで何でも相談してください!

不安なことやわからないことは山ほどあると思います。
大抵はネットで調べれば答えは出てきます。

でもそれを1つ1つ調べていたら時間がいくらあっても足りません。
それに、ネットばかり見ていると見たくもない余計な不安事も引っ張ってきてしまったりして
ネガティブな気分になることもあると思います。

ネットの中の情報は時に真実で、時に過剰です。

せっかくのその”行きたい”という気分を大切にしてください!

また、世界一周だけに限らずこんなことで悩んでいる人、こんな事を目指している人の
相談にものれます!


●夫婦で旅をしたいと思っている人
●世界一周とまでは言わないけどアジア周遊とかしてみたいと思っている人
●1人旅にチャレンジしたいと思っている人
●いい加減、旅行会社のツアーに頼らない旅行をしたいと思っている人


旅をするにあたっての各種必要な役所の手続き、本当に必要な持ち物、絶対に持っていったほうが良い持ち物、旅のルート、現地での格安SIMカードの買い方、便利なアプリ、格安航空券の取り方、宿の取り方、現地ツアーの申込方法、帰国後の面倒な手続き、旅先の治安、オススメの場所、最低限必要な英語力といった具体的なことから、私たちが結構ずっと不安だった「現地に着いてからまず何をすればいいんだろう?」といった不安事まで何でも相談していただけます。


連絡方法:このブログやFacebookにコメントやメッセージをください。
訪問場所:東京都内(カフェでも公園でも!)
相談人数:1名でも2名でも複数でも大丈夫です
相談形式:質問者の相談にのります
相談時間:1時間くらい
相談費用:無料ですがカフェであればカフェ代をご馳走ください。



相談のご連絡お待ちしてます\(^o^)/


Facebookページ
@こんぶろぐのFacebookページです。
「いいね!」をしていただけるとブログの更新情報が届くようになりますm(_ _)m







Instagram
実はInstagramにも写真をアップしています。
この旅行ではじめてちゃんとしたカメラを持った私たちが撮った「奇跡の1枚」たちです。

@kon_tsugu

スポンサードリンク