こんにちは@こんぶろぐです。

皆さんはすでに胃カメラ経験者ですか?
私は先日人生で初めて胃カメラを経験してきました。

御察しの通りこれが想像以上に辛かったわけですが
途中から胃カメラを快適にクリアする”コツ”を掴むことができたので
これから胃カメラを体験する胃カメラ童貞のみんなのために一部始終を残しておきたいと思います。


TODAY'Sこんぶ出汁
●ピロリ菌のせいで胃カメラを受けることになった
●喉麻酔がマジで辛かった、、、
●胃カメラを快適にクリアするためのとある”コツ”
●胃カメラとオナラの関係

※TODAY'Sこんぶ出汁(ダシ)とは昆布出汁が料理の味に深みを与えておいしくしてくれる様に、みなさんの海外旅行に深みを与えて、少しでも”おいしくなる情報”を今後も少しづつ記事内に混ぜ込んでいきたいと思っています。

スポンサードリンク



□ピロリ菌のせいで胃カメラを受けることになった

これまで比較的健康体の私は大きな病気にもほとんどかかったことがなく、風邪や熱も人並みよりかは低い発症率がそこそこの自慢だった。

しかし、齢34を迎える私の健康診断の結果は、確実に私の体調が蝕まれていっている様を記録していたのである。


今年の健康診断の結果で見つかったのが”ピロリ菌”だった。


ピロリ菌、、、なんとも可愛らしくふざけた名前だ。
が、このピクミンみたいな名前の菌は実は結構恐ろしい奴でこの菌に感染したままにしておくと、なかなか面倒くさそうなことになる。
感染したまま放置しておくと、胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍、萎縮いしゅく性胃炎、さらには胃がんなどを引き起こします。これらの病気が起きると、胃のむかつき、胃の痛み、吐き気などの自覚症状が認められるようになります。この他にも、MALTリンパ腫といった血液の病気を引き起こしてしまうこともあります。
胃潰瘍や十二指腸潰瘍などの消化性潰瘍は、ピロリ菌感染者の10~15%程度が発症するといわれています。また、ピロリ菌に感染し数十年の経過を経ると、3~5%程度が胃がんを発症するといわれています。
参考:Medical Note 

ピロリ菌の治療法自体は大したことはなく、私の場合は1週間薬を飲み続けるだけの”除菌”という治療だけだった。
問題だったのはこの後、ひょんなことから「胃カメラもついでにやってもらえば?」という妻さんの一言だった。。。

ちなみにピロリ菌の本名は”ヘリコバクター・ピロリ”というらしい、なんかちょっと画家っぽい。


 □喉麻酔がマジで辛かった、、、

そんなこんなで胃カメラを受けることになった私。
齢34にして初めての胃カメラ体験だった。

ここからはこれから胃カメラを体験するであろう人たちのために、その一部始終を残しておきたいと思う。


①口から入れるか?鼻から入れるか?
よく胃カメラは口から入れるバージョンと鼻から入れるバージョンがあると聞くが、私の場合はその選択肢すらなく強制的に口からだった。「口と鼻どちらにしますか?」という質問すらなかったんだけどそういうものなのか?

よく鼻からの方が楽だという感想を聞くが、どう考えても口の方が穴がデカイんだから楽に決まってるだろうというのが私の個人的な意見だったので、仮に聞かれても口からを選択していたと思うので結果は変わらなかったのだが。

ただ胃カメラの様な異物を入れるわけなので、穴がデカイという口からであってもやはり感度を麻痺させるための麻酔というものが必要だった。


②乳白色のマズイ液体
まずは、胃の中の泡を消すという乳白色の液体を紙コップ半分弱程度飲まされた。
見た目が似た様な液体にバリウムがあるが、バリウムの様にドロっと重くはなくサラサラなのだ。ただし味は無味なのでマズイ。無味だけどマズイと感じるのが不思議だ。


③色々な種類の麻酔を順番に
ここからは喉の麻酔のオンパレードだ。

・ゼリー状の麻酔
針の無い注射器で喉にゼリー状の麻酔をビューっと入れられる。
喉の奥にたまった状態でこれでガラガラうがいをしろという無理難題をつきつけられる。
そもそも量がそこまで多く無い上にドロドロしているからうがいなんかできないっつーの!

とにかく上を向いてなるべく喉の奥の方にゼリーがいくようにしていると 、次第に喉と舌がしびれてくるのがわかる。

途中で何回かゼリーを足される。

上を向て5分くらいたつと、喉が痺れて唾を自力で飲み込めなくなってくるのだが、この感覚が実に不快!
普段まったく意識なんてしていない「唾をゴクンと飲む喉の動き」ができないのだ。かなり気張ってゴックンとやってるのに飲む込めないあの感覚は超がつくほど不快だった!2回言うほど不快なのだ!
 
しかもゼリーを飲み込めないし飲み込んじゃダメだから、唾液と麻酔ゼリー液が口にたんまりと溜まる。
この拷問の様な作業が終わると 、ティッシュにベーッと吐き出すのだ。


・シーシャの様な吸気麻酔
次はシーシャ(水タバコ)の様な吸気麻酔だ。

なんかおしっこ入れる尿瓶みたいだ、、、
S__2514954 3

このボコボコしている煙を口にくわえて息を吸ったり吐いたりする。喉の奥の麻酔なのか。
この煙がなかなかに苦く、、、何度もむせた。


・霧吹き麻酔
最後に小さい霧吹きの様なもので喉のさらに奥の方を麻酔する。
 
ベロを出してあーと言ってくださいーと言われたので「あー」と言ってると、看護師のおばちゃんが喉の奥に向かってプシュッと吹きかける。
これを5回くらいやる。初めはオエッてなるが、3回目以降からは不思議とオエってならなくなってきた。
 
この頃には喉も完全に麻酔が効いているのでもはや唾はもうほとんど飲み込めない、、、


④口から胃カメラを突っ込む!
いよいよ先生登場!いよいよ胃カメラ挿入!

この時いよいよかという思いで内心ワクワクしていたのを覚えている。
うつ伏せで左向きになってくれと言われるがやけに注文が多い。
左足を奥にして右足を前にしてくれなど色々と体勢について指示されて頭はやや混乱状態である。
 
この時、私はふと思ったのだった。
このポーズどこかで覚えがある。

これは、、、えーと、、、あ!あれだ!!

ヤムチャのポーズ!
 
サイバイマンとの死闘の末に油断して自爆されて死んでしまった時のヤムチャのポーズだ!

スクリーンショット 2018-12-01 1.01.25

 
自分でもまさか胃カメラの時にヤムチャのことを思い出すなんて思ってもみなかった。世の中何がきっかけになるかわからないものだ。

口の下にタオルとかティッシュを置かれ、唾液は飲み込まないで吐き出してと言われるが安心してほしい、喉の麻酔が効いてて唾液なんて飲み込めないから! 


いよいよ胃カメラを挿入する時がきた!
マックのストローよりも少し太いくらいの丸くて黒いコードを口から喉、食道に向かってスルスルと突っ込んでいく。

この時、、、、確かに痛みはないのだが
喉奥や食道といった普段触れられない箇所に何か触れる感触があるのでかなり不快な気分になる。
そして何より、息の仕方がわからない、仕方というかタイミングがわからない。

喉も麻痺させられ、呼吸の仕方もよくわからず、お腹の中をツンツンとされる。
時々オエってなりそうになる。 

この時、あまりの辛さにもう二度と胃カメラはやりたくない、マジで早く終わって欲しいと本気で思った。
 

看護師のおばちゃんに、リラックス〜と言われるがめっちゃ手に力入る
ヤムチャポーズの足先も死亡直後のヤムチャの様にピクピクしてしまう、せざるをえないんだ。


胃カメラを受ける前、私は自分の胃の中をカメラでリアルタイムでみるのが夢だった。
それなのに現実は画面とか見てる余裕はまったくない
早く終われー早く終われーと願うばかりである。


そして助手のおばちゃんよ、途中から画面みて動き止まっているが
何でもいいから私に話しかけてくれ。背中さすってほしい。
 

私はただひたすらと遠くにあるダンボール箱の文字を読んで気を紛らわすしかなかった。


先生が何やら言ってるがマスクをしているせいもあってかモゴモゴ言っていて聞き取れない
とりあえず私は大人しい方らしい
何やら「仏の様な人だなー」と言われたが意味がわからない
私はとても涙目である。


そして 、唾液がでるからと言われて顔の下にしっかりと準備されたタオルだったが、まったくと言っていいほど唾液は出なかった。



□胃カメラを快適にクリアするためのとある”コツ”

はじめは辛かった胃カメラだが、しばらく経つとさすがに要領が掴めてきた。
足もピクピクしなくてもよくなりかなり正気を保っていられる様になった。

遂に胃カメラを制する秘伝の技を掴んだ瞬間だ!
今後胃カメラを受けるであろうみんなに伝授したいと思う。


秘伝の技、それは、、、
 
それは”息だ!”
口や鼻から大きく深呼吸するとかなり楽になる!


目安としては”吸う息”と”吐く息”それぞれ5秒づつくらいかけると良い感じだった。

実は私は昔、7日間京都で禅の修行を行いそこで深い呼吸法を学んだことがあるのだが、まさかこんなところで修行の成果が生きるとは思わなかった。

こうなってくるとやっとモニターを見る余裕が出てくる。

先生の巧みな胃カメラさばきが光る
微妙な指の動き
その動きに合わせて胃の中がピクピク刺激される

先生が胃カメラを動かす姿はまるで斎藤一の牙突のようなポーズだった。


自分のお腹の中を見るのって変な気分だ
なんか見てると気持ち悪くなる
 
先生の動きと胃の中の感触とモニターがリンクしてるからか?

少しは慣れて来たがやっぱり、マジで早く終わってほしい。


 
□胃カメラとオナラの関係
胃カメラを受けるとオナラが出るのをご存知だろうか。

それはなぜか?

胃カメラで胃の中をクリクリやられていると
たまに先生が「空気を送りまーす」と言ってくる

そう!胃の中に空気を注入されるのだ
胃がグルグルいう、この時点でなんかオナラが出そうになって思わず肛門に力がはいる。


数々の麻酔を乗り越え、胃の中の刺激にも耐え、オナラも我慢する

数多の困難を乗り越えた私はどこか誇らしい表情になっていたに違いない

我、やり切ったり!

どうやら胃カメラは人を一歩成長させることができるようだ。
この時、あまりのやりきった感で先生に軽くタメ口になっていたことは反省しなければならない。


胃カメラの後、あの医療ドラマでよく見るような画像をモニター越しに見せてもらいながら軽く説明を受け、最後にきちんと診断結果を聞いて私の初めての胃カメラ体験は終わった。

これが私の胃の様子
無事に何もありませんでした!

自主規制
S__2514952 2


これから胃カメラを受けるみんなには
麻酔やオナラの困難を秘伝の呼吸法で乗り越えていただき
是非とも快適な胃カメラライフを送ってもらいたい。


■お知らせ

何でも相談!世界一周夫婦による出張講座!

ちょっと大げさなタイトルですが
いつかは世界一周に行ってみたいと思っている人がいたら、悩んでないで何でも相談してください!

不安なことやわからないことは山ほどあると思います。
大抵はネットで調べれば答えは出てきます。

でもそれを1つ1つ調べていたら時間がいくらあっても足りません。
それに、ネットばかり見ていると見たくもない余計な不安事も引っ張ってきてしまったりして
ネガティブな気分になることもあると思います。

ネットの中の情報は時に真実で、時に過剰です。

せっかくのその”行きたい”という気分を大切にしてください!

また、世界一周だけに限らずこんなことで悩んでいる人、こんな事を目指している人の
相談にものれます!


●夫婦で旅をしたいと思っている人
●世界一周とまでは言わないけどアジア周遊とかしてみたいと思っている人
●1人旅にチャレンジしたいと思っている人
●いい加減、旅行会社のツアーに頼らない旅行をしたいと思っている人


旅をするにあたっての各種必要な役所の手続き、本当に必要な持ち物、絶対に持っていったほうが良い持ち物、旅のルート、現地での格安SIMカードの買い方、便利なアプリ、格安航空券の取り方、宿の取り方、現地ツアーの申込方法、帰国後の面倒な手続き、旅先の治安、オススメの場所、最低限必要な英語力といった具体的なことから、私たちが結構ずっと不安だった「現地に着いてからまず何をすればいいんだろう?」といった不安事まで何でも相談していただけます。


連絡方法:このブログやFacebookにコメントやメッセージをください。
訪問場所:東京都内(カフェでも公園でも!)
相談人数:1名でも2名でも複数でも大丈夫です
相談形式:質問者の相談にのります
相談時間:1時間くらい
相談費用:無料ですがカフェであればカフェ代をご馳走ください。



相談のご連絡お待ちしてます\(^o^)/


Facebookページ
@こんぶろぐのFacebookページです。
「いいね!」をしていただけるとブログの更新情報が届くようになりますm(_ _)m







Instagram
実はInstagramにも写真をアップしています。

@kon_tsugu

スポンサードリンク