こんにちは@こんぶろぐです。


ただいまリアルタイムではポーランドのクラクフという町にいます。そうですあのアウシュヴィッツ・ビルケナウ強制収容所があるところです。 (正確な場所はちょっと違いますがクラクフから向かう人が多いので。) 


この収容所についてほとんど何も知らなかった私たちは今必死で歴史と知識を勉強していて、来たるべく訪問時に備えているのですが、、、負の遺産ということもあってかなりダウンな気持ちです( ゚д゚)ポカーン


そんな気持ちとはうって変わって、今回はマレーシア屈指のビーチリゾートと言われているペナン島に行った時の話です。


気持ちと記事が真逆というw 



TODAY'Sこんぶ出汁
●ペナン島ってどんなところ?
●ビーチリゾートは嘘?望むようなビーチライフはおくれるのか?
●ホテルで出会ったとある”おやじ”。
●リゾートの島というよりもアートな島だった!
●ペナン島オススメの食事処!

※TODAY'Sこんぶ出汁(ダシ)とは昆布出汁が料理の味に深みを与えておいしくしてくれる様に、みなさんの海外旅行に深みを与えて、少しでも”おいしくなる情報”を今後も少しづつ記事内に混ぜ込んでいきたいと思っています。


スポンサードリンク







□ペナン島ってどんなところ?


ペナン島はマレーシア半島の西方のマラッカ海峡に位置している島です。

ここです。
map
画像おかりしました。

どんなところかというと
ペナン島はマレー半島の西方のマラッカ海峡に位置し、インド洋に浮かぶ南北24Km、東西15kmの大きさで、ランカウイ島と並んで、日本でも知名度の高いマレーシア有数のビーチリゾートになります。観光の中心エリアは大きく2つでジョージタウンとビーチエリアのパトゥ・フェリンギ。ジョージタウンはイギリス植民地時代に建造されたコロニアル建築の建物や多民族国家であることから様々な宗教建築が混在する世界遺産に登録された街です。また高級リゾートホテルが立ち並ぶビーチエリアとして島の北部のパトゥ・フェリンギ、テロック・バハンなどが滞在先として人気です。観光スポットしては、マレーシア最大の仏教寺院である極楽寺や東洋のロックフェラーの異名をとった中国人チョン・ファッ・ツィーが住んでいたブルーマンション、ペナンの町が一望できるペナンヒル、イギリス植民地時代そのままの姿が残るコーンウォリス要塞、ペナン博物館 ペナン・プラナカン博物館など。屋台グルメの宝庫としても有名で海岸沿いのガーニードライブではフードコートと屋台がたくさん並び、夜遅くまで営業しています。またロングスティも政府主導によって長期滞在者の優遇措置がとられており、欧米諸国や日本などから滞在する人も多くいます。
こんなところです。

ほうほう!マレーシアでも有数のビーチリゾートとな!
これは非常に楽しみです。

ビーチ大好き\(^o^)/


きっとこんな感じなんだろうな((o(´∀`)o))ワクワク
76d53870ec87d06e1d85d4f91c6dc831_s
「ビーチで待ってるわよ。ぼうや♡」


ペナン島へはバタワースというところからフェリーで行くことができます。
左側の離島がペナン島です。
penang_map

私たちもこれに習いクアラルンプール(KL Sentral)からマレー鉄道に乗ってバタワースまで、そしてフェリーでペナン島に入りました。

ビーチへの期待。はやる気持ちをコーヒーで抑えます。カフェイン効果!
IMG_3183
 
チケットはKL Sentral駅に当日行って購入しました。
27〜29_5883

超清潔で快適なマレー鉄道に揺られること約4時間
IMG_3188
 
無事にバタワースに到着です!
IMG_3202


【マレー鉄道乗車時の注意点】

マレーシアの鉄道と聞くとなんかボロいイメージが浮かんでくる人もいると思いますが実際はまったくそんなことはありません。振動も少なく、車にモニターも付いていて、トイレも清潔です。

ただし!車内はもの凄く寒い(>_<)

海外の電車にはよくあることですが空調が効きすぎて本当に凍死するかと思うくらい寒いです!
もう極寒の域!
なので乗車する時は必ず、夏に行っても必ず、上着(羽織モノ)と靴下(できればモコモコ)を持参しましょう!



バタワース駅からフェリー乗り場まではちゃんと看板が出ているので迷わず歩いていけますが、海岸沿いは色々と工事中で、無駄に紆余曲折しながら行くことになります。

しかもエレベーター&エスカレーターなしの階段も多々あり、私たちの1人20kg超えのバックパックを背負いながら行くのはなかなか重労働でした。。。

途中、それに見かねた警備のゴツいおっちゃんが軽々と手助けしてくれました。
妻さんのだけ、、、

「ヘイレディ。おれが持ってやるよ!」
27〜29_5590

私:(オレのも持ってくれよオヤジ、、、)


私がブツブツ文句を言っていると、しばらくしてフェリー乗り場に到着です!
フェリーに時刻表はなく、20分間隔でバタワースとペナン島を往復しています。

IMG_3214

フェリーはこんな感じ。
IMG_3215
ちなみに車とかバイクも乗れちゃいます!


いよいよ憧れのペナン島が見えてきました
ビーチ!ビーチ!ビーチ!ビーチ!((o(´∀`)o))ワクワク
IMG_3224



□憧れのビーチリゾートの現実。

ところがどっこい!

ペナン島に上陸して、いやむしろフェリーに乗っている時から気がついていました。
いや気づかないようにしていました。。。

それは、、、
IMG_3486
 

海がぜんっぜんキレイじゃない!!
しかもそれだけじゃなく、ほんのり磯くせー!

キレイじゃない上に磯くせー!
どうなってんだバーロー(ノ`Д´)ノ彡┻━┻



ペナン島に上陸してわずか10秒、、、むしろマイナス15分で私の憧れは打ち砕かれてしまいました。。。


「またね。ぼうや♡」
76d53870ec87d06e1d85d4f91c6dc831_s

「ぼうや♡」
76d53870ec87d06e1d85d4f91c6dc831_s 2

「うや♡」
76d53870ec87d06e1d85d4f91c6dc831_s 3

「や♡」
 76d53870ec87d06e1d85d4f91c6dc831_s 4



みなさんもペナン島にビーチリゾートを求めて行ってはいけません!
後々調べた所、ペナン島は海はそこまでキレイではなく、マリンスポーツを楽しむ場所らしいです。

そっちのビーチリゾートかいッ!!

とはいえ、私たちが行ったのはペナン島の北の方です。南の方とか行ったらキレイかもしれません。
あと、ペナン島から更にフェリーで行けるパヤ島やランカウィ島まで行くと海の透明度が遥かに増すそうです!



□ホテルで出会ったとある”おやじ”

現実は厳しく、全く私の求めていたビーチリゾートではなかったペナン島ですが、何はともあれホテルにチェックイン!

今回泊まったホテルがこちらです。

Hutton Lodge(ハットンロッジ/フットンロッジ)
IMG_3245

個室もあり、もちろんドミトリーもあり、しかも朝食付きで1泊1人1,000円以下で泊まれちゃいます!

27〜29_4993

朝食のコーヒーや紅茶が飲み放題なのも嬉しい!


宿探しはここらのサイトからが便利です!
agoda:口コミ情報1100万件以上の掲載で、ホテル選びもラクラク!



少し話はそれますが私たちはここでとある”おやじ”と出会いました。

おやじの名はYさん。

私たちが朝食を食べていると「この間の日本の台風はすごかったですねぇ」と声をかけてきた。

残念ながらYさんと一緒に写真を撮ることはできませんでしたが、彼はこんな感じの人でした。

●年齢は60歳を若干越えてるくらい。
●旅行が大好きでアジア、東南アジアをよく旅している。
●ネットはほとんど使わないで情報を集めている。


妻さんいわく「この人はきっと、昔どこかの会社の役員だったな。」とよくわからない洞察をしていましたw姿勢とか話し方が言われてみれば確かにそんな感じがしなくもない。


Yさんと色々な話をしました。


これまで行ったことのある国でよかった場所や私達のこれからのルートのことなどなど。
まだ出発して間もない私たちには貴重な話ばかりでした。


でも、、、このおやじ、、、全ての話をなぜかチェンマイに結びつけるのです。。。
ちなみにチャンマイはタイの北の方にある古都。


おやじ:「君たちはどこから周ってきたの?」
私たち:「インドネシアのバリ島からジョグジャカルタに行って、そのままシンガポールに入って・・・云々。」
おやじ:「あーそうなんだ、チェンマイには行く予定あるの?」


だったり


私たち:「実は妻がインドネシアでデング熱にかかってしまって・・・云々」
おやじ:「そうなんだ?でもチェンマイではね・・・」


だったり


私たち:「Yさんは今まで行った国の中でどこがよかったですか?」
おやじ:「チェンマイ」

・・・(゚д゚)ポカーン


全ての道はローマに続くならぬ、全ての話はチェンマイに続くでした。
しかもちょっと食い気味に入ってきます。


人の話をちゃんと聞け!このチェンマイおやじがッ!!


こうしてこのおやじは”チェンマイおやじ”という愛称でこれから私たちに呼ばれることになるのでした。
まぁ余談です。



□海は微妙だがアートがあふれる島。ペナン島の歩き方。

ペナン島にビーチリゾートを求めて行ってはいけないということを先程書きましたが、それでは一体どうしたらいいんだ?何したらいいだ?ということになり、宿のMAPやチェンマイおやじから観光情報をかき集めたところ、ちゃんと他にもあるじゃん!観光名所!


ペナン島の名所はジョージタウンを含む左上の方に固まっています。
penang_map

私たちはジョージタウン周辺を歩いて周りました。

名所としてはコーンフォリス要塞やE&Oホテル、モスクや寺院など色々とありましたが、ここではペナン島の魅力の1つでもある”ストリートアート”に焦点を当てたいと思います。


ペナン島はアートの島なんです!
ジョージタウンを歩き回るだけで色んなアート作品と出会うことができちゃいます!


ストリートアートMAP
IMG_3468

もう少し拡大
IMG_3469

MAP内の赤丸の場所にストリートアートがあります。
IMG_3470

こんなんとか。
IMG_3471


みなさんは全部見つけられるでしょうか?


壁に描かれた巨大なおっちゃんだったり
IMG_3280

バイクと壁とイラストが絶妙なものだったり
IMG_3513

一緒にドアを押してみたり
IMG_3534 2

一緒に買い物したり
IMG_3538 2


超複雑なワイヤーアートだったり
IMG_3301

壁に押し付けられたタバコだったり
IMG_3512


色々なストリートアート作品が点在してるので、ジョージタウンを歩く際はこれらを探しながら歩くと楽しいと思います!!


あと、今回だけだったかもしれませんがジョージタウン内の芝生広場でアートなクマが展示されていました。

遠ッ!!
IMG_3322

こんな感じでバンザイしたクマが世界各国のイメージでアートされています。
IMG_3351

もはやクマなのかすらよくわからないw
IMG_3329

私たちの日本はと言うと、、、
IMG_3342

シンプル・イズ・ザ・ベスト!!

これが余分を削ぎ落としていったが故の洗練されたシンプルさなのか、ただの手抜きと思うかはあなた次第です。。。



□ペナン島オススメの食事処。

実はグルメ天国とも呼ばれているペナン島ですが、そこで私たちが行ったオススメの食事処を最後にご紹介します。

1店目【素-VEGETARIAN】
IMG_3276

ここの特徴は何と言っても超本格的なベジタリアンフードを超安く食べることができるところです。
アジアって衛生面を考えて野菜不足になりがちだったのですがここで栄養補給できます!

ベジタリアンフードと言っても、もはや肉となんら変わりない食感と味がします!
決してサラダだけをモリモリ食べるわけではありません!

こんな感じで皿に好きな物を好きなだけ盛ることができます。
IMG_3459

野菜とは思えない、見るからに肉っぽいものまで種類も豊富です。
味も食感も肉でしかない!!
IMG_3465

皿に盛ったらレジに見せに行くスタイルです。
ちなみに料金はおばちゃんの目勘定ですw熟練の業!!
 IMG_3467

これだけ盛って1人200円程度。神すぎる  ヮ(゚д゚)ォ!
 27〜29_1665

ちなみにこの店はさっきの”チェンマイおやじ”に教えてもらいました!!



2店目【NANA TOMYAM】
IMG_3399

さっきのベジタリアンの店とも近いこのお店。夜になると地元の人たちで溢れかえります。

厨房が道路に向かってむき出しですw
IMG_3400
 
メニューはこんな感じ。
IMG_3404

ここは中華系げメインです。
IMG_3403

ここも1人200円くらいで食べられます!
IMG_3409


3店目【RED GARDEN】
IMG_3444

ここはジョージタウン内にあってホーカーと呼ばれている屋台がたくさん並んだ屋台村です。
値段はぶっちゃけ観光客価格なんでそこそこしますが(それでも安い)、好きなホーカーから好きな料理を選んで、ワチャワチャした喧騒の中で食べるのはアジア旅行の醍醐味です!ビールも注文できます!


ここの注文スタイルはこんな感じ。


料理:
まずはテーブルを取って好きなホーカーを探します。料理を頼んだらテーブルナンバーを伝えれば持ってきてくれます。料金は料理がテーブルに届いた時に払います。

ドリンク:
テーブルの間をコスチュームを着たおねえちゃんが歩いています。そのおねえちゃんを捕まえて(勝手に寄ってきます)ドリンクを頼みます。料金はテーブル会計です。


サテからバーガーまで。
IMG_3448

フルーツから魚貝の活造りまで種類豊富です。
IMG_3450

暗くなるにつれて観光客で大賑わい!
IMG_3543
 
ぜひここに来たらバクテーとラクサを食べてみましょう!
IMG_3452

上の土鍋に入ったのが肉骨茶(バクテー)です。
漢方スープとにんにくで煮た豚肉の鍋料理です

麺の様なものがラクサです。魚貝の臭味と果物の酸味がマッチしたかなり独特な味のマレーシア名物麺。

私はラクサはちょっと微妙でしたが、妻さんはウマイウマイ言って食べてました。



ビーチへの憧れが砕かれ、アート散策となったペナン島。
次はどこへ向かおうか??



■お知らせ


Facebookページを新しくつくりました。
Facebookページではブログよりもタイムリーな情報を日記風に更新しています!

「いいね!」をしていただけると更新情報が届くようになりますm(_ _)m








実はInstagramにも写真をアップしています。
この旅行ではじめてちゃんとしたカメラを持った私たちが撮った「奇跡の1枚」です。

更新頻度もわりと高めなので”フォロー”していただけると嬉しいですm(_ _)m

@kon_tsugu



スポンサードリンク