こんにちは@こんぶろぐです。


先日、夫婦で約一年間の世界一周の旅をなんとか無事に終えることができました。
いつもみて頂いている方々ありがとうございますm(_ _)m



今日も番外編!
13年間共に過ごしたドコモとの契約を切って格安SIMカードに乗り換えた話です。



色々な国でSIMカードを買って、携帯を使っていて思ったのが




日本の携帯料金ってめちゃくちゃ高けーーーーΣヽ(`д´;)ノ !!
これは何だ?日本のキャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)はボッタクってるのか!?



でした。



はじめて携帯を持ったのが高校1年の時。
この頃はPHSのエッジでした。


単音の着信音、単色の画面、ストラップ、光るアンテナ、、、
あーーーめちゃくちゃ懐かしいw



そして次に持ったのがドコモの携帯でした。


ここから約13年間ドコモと共に歩んできましたが
帰国後ついに袂を分かつ時がやってきたのです。


13年間共に青春時代を歩んだドコモへの愛着は当然ありましたが、ネットで調べまくり、家電量販店にも足を運んで多くの店員に話も聞き、悩みに悩んで、今回ついに格安SIMの LINEモバイル に乗り換えました!



結果、料金は月々3,800円くらいに抑えられ、ドコモで継続利用する場合の半分近くにすることが出来ています!!




TODAY'Sこんぶ出汁
●海外の携帯事情を是非知ってほしい!
●最後までドコモであがいてみたけどやっぱりダメだった、、、
●格安SIMに乗り換える時の大切な3つのポイントって?

※TODAY'Sこんぶ出汁(ダシ)とは昆布出汁が料理の味に深みを与えておいしくしてくれる様に、みなさんの海外旅行に深みを与えて、少しでも”おいしくなる情報”を今後も少しづつ記事内に混ぜ込んでいきたいと思っています。 




 

スポンサードリンク



□海外の携帯事情を是非知ってほしい!


今の御時世、スマホは必須アイテムなので当然世界一周に出発した時もスマホは外せません!



ですが日本のスマホをそのまま海外に持っていって使用するのは、金額的に超高額になってしまい現実的ではないので、私は普段使っていたドコモのGALAXY Noteを日本で”SIMロック解除”してもらい、他社のSIMカードを差しても使える状態にして旅立ちました。



この時はまだドコモとの契約は切っておらず、番号保管サービスを利用して番号を保管していました。


海外ではプリペイド式のSIMカードが一般的だったりします。

IMG_5517


プリペイド式とは、携帯会社との契約や何年縛りといったものが無く、その場で必要な容量や期間を決めて買うタイプのことです。容量が無くなったら都度容量を追加していきます。



例えば、この国には1週間くらいいる予定で、3GBくらい容量があればいいかなーと思ったら、それを店員に説明して、そのボリューム感にあったSIMカードを購入します。



海外ではとても一般的で、プリペイド式のSIMカードはコンビニはもちろんそこらの小さな商店や露店などいたるところで売られています。



ベトナムで露店のおっちゃんがスマホを設定してくれているところ
★ベトナム★_170205_0453



値段もとても安く、1,000円前後で買えるものがほとんどです。
アジアであれば数百円で買えたりします!!


海外SIMカードが使いこなせてくると「お!ちょっと旅人っぽくなってきたな( ̄ー ̄)ニヤリ」と思ったりしたものです。




□最後までドコモであがいてみたけどやっぱりダメだった、、、


そんなこんなで一応海外SIMカードをきちんと使いこなせていた私たち。



しかも毎回数百円からという格安で使っていたこともあり、日本に帰ってからもこのまま格安SIMカードに乗り換えだなーと漠然には考えていました。


帰国後、いよいよスマホをどうするか真剣に考えなければいけない状況に(^_^;)


素直に格安SIMに乗り換えられれば話が早かったのですが、そこで問題が発生したのです。



それが
「長年使っていたドコモへの愛着心!!」



いざ契約を切ろうとすると、あのドコモとの楽しかった想い出が走馬灯のように蘇ってきて、、、

とまではいきませんが、やはり長年使っていたドコモと離れるのもなんかちょっとさみしいなーという気持ちになってしまったんです(>﹏<)



もし金額がそこまで変わらないのなら、少しくらい高くてもこのままドコモでもいいかなーとさえ思っていました。



実際問題、他にも懸念点があったのも悩ませる要因でした。


●dカードのクレジットカードも持っていて日本でメインに使っていること。

●ドコモポイントが3万ポイント以上たまっていたこと。


そして何より

●格安SIMよりも主要キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)の方が通信速度が早いということです。
この点だけは格安SIMが主要キャリアに唯一勝てない点です。



色々調べて知ったことですが、そもそも格安SIMを出している会社ってLINEモバイルとかY!mobileとか楽天モバイルとかUQモバイルとかfreetelとか数十社ありますが、そのどれも主要キャリアの回線を借りているんですね。



LINEモバイルであればドコモの回線
Y!mobileであればソフトバンクの回線
UQモバイルであればauの回線



です。



ちなみにほとんどの格安SIMがドコモの回線を借りています。
格安SIMはその主要キャリアから借りている回線の中でやりくりしているので通信速度が遅いんです。

だたし、通信速度を数字で比べると確かに差がありますが、実際はそれほど気になりません。



ドコモへの愛着も少し残っていた私はドコモショップに行って救済を求めました。


というか「格安SIMよりもドコモのままの方がメリットがあるんだよーー!」ということを言ってもらいたかったんです。


まずは今の料金プランから伺いました。
主要キャリアのプランは知らない間に変わっていることが多々あります。


契約時に良いと思って入ったプランはすでに無く、かなり損をしていた何てこともよくあるので、これからも主要キャリアでいこうという人は半年に一回はプランを見直した方が良いです。



今のドコモの料金プランはこんな感じでした。
(候補に乗るものだけを抜粋)


■基本プラン
◯カケホーダイプラン/月2,700円(国内通話が24時間無料)
◯カケホーダイライトプラン/月1,700円(国内1回あたり5分以内の通話が24時間無料)


■パケットパック(データパック)
◯ウルトラデータLLパック(30GB)/月8,000円
◯ウルトラデータLパック(20GB)/月6,000円
◯データMパック(5GB)/月5,000円
◯データSパック(2GB)/月3,500円


■SPモード
メアドで以下のドメイン@docomo.ne.jpが使えるようになる。
/月300円
※ほぼ強制加入



これらの【基本プラン+パケットパック+SPモード】の合算が月あたりの支払い料金になるのですが、
まずこの時点でムカついたことが一つありました。


コレ↓↓



◯ウルトラデータLパック(20GB)/月6,000円
◯データMパック(5GB)/月5,000円


 

私が旅立つ前、つまり約1年前は”7GB制限”というものがあって、 標準プランが7GBでした。
7GBを超えちゃうと低速になるよーってやつです。


この時の主要キャリアはどこもこの制限があったと思います。


そして大体毎月7GBギリギリか月末にちょっとオーバーするかなくらいまで使っていました。
恐らく今でも7GBくらい使う人が多いんじゃないでしょうかね?


なのになんじゃいこのプランはッ!!


標準5GBって、、、少ねーから!!!!


そしてそれに不満な人用に用意された一つ上のプランが、、、


20GBって多すぎだろ!!!
そんなに使わねーから!!



何なんですかねこの微妙なプランたちは!


5GBで少ない人は1GBを追加1,000円で買えるみたいですが
それなら初めから6,000円の20GBプランの方がお得です!


7GB依存の私たちに対して


毎月そんなに使いもしねー20GBを6,000円で契約させるか
とりあえず5GBで契約させておいて、+1,000円で損な追加購入をさせるか


この選択を突きつけてきやがった、、、ドコモめ!!!



それでもドコモはこのプランしかないので、この中から選ばないといけません。
これらのプランの中で恐らくコレだろうなーと思ったプランの組み合わせは


◯カケホーダイライトプラン/月1,700円(国内1回あたり5分以内の通話が無料)

◯データMパック(5GB)/月5,000円

SPモード/月300円


合計7,000円



仮に20GBまでのプランにしたならば



合計8,000円



予想はしてたけど、やはりこれくらいしてしまうようですね、、、
たけーよドコモ!!


あまりに高いので店員さんに聞いてみました。


「あのー私、もう13年くらい使ってるんですけど割引とかないんですかねー」

「はい、”ずっとドコモ割”というのがありまして、お客様ですと月々600円安くなりますね」


・・・え?13年間も使ってるのに600円しか割り引かれないの?


これはもう完全に強気できてるなと
どうせ解約なんてしないでしょ?と
だってドコモブランド捨てたくないでしょ?と


なるほど、、、ドコモさんのスタンスはよーーくわかりましたよ!!



こうして私はドコモへの愛着心を捨て去り、格安SIMへと乗り換えることを決意したのでした!


「えーと、、、じゃあすぐにMNP教えてもらっていいですか?」



ちなみに懸念していた3万以上のドコモポイントは、ドコモを解約後もdカードに移行して使うことができるようになりました。


こりゃ完全に乗り換えを抑制する気が無いなドコモは(^_^;)




□格安SIMに乗り換える時の大切な3つのポイントって?


格安SIMに乗り換えるにあたり”オススメ”とか”スピードが早いのどれか”とか”みんなが使ってるのはどれか”とかを散々ネットで調べたのですが、どうも載っているサイトによってバラバラで、しかもどれもそれっぽいことが書いてあってイマイチ1つに決めきれなかった私。



ここはやはりその道のプロに聞いてみるしか無い!と思い
家電量販店をハシゴすることにしました。



ビックカメラ、ヨドバシカメラ、ヤマダ電機に足を運び、数人のスタッフに色々と話を聞いて周りました。
その時に学んだ「格安SIMに乗り換える時のポイント」をまとめたいと思います!!



ポイント①
格安SIMカードと端末には相性がある!



格安SIMはそれぞれがどこかしらの主要キャリアの回線を借りているという話を上で少し書きましたが、それが端末との相性に関係してくるようです。


LINEモバイル、BIGLOBE SIM、楽天モバイル、イオンモバイル、DMMモバイルなどはドコモの回線


Y!mobileやU-mobileであればソフトバンクの回線


UQモバイルやmineoであればauの回線


を使っています。




私の使っている端末はドコモのGALAXYNoteですが、これは当然ドコモの回線を使っていました。
この回線の相性はSIMロックを解除しても残っているらしく、ドコモの回線を使用している格安SIMじゃないと相性が悪いと言われてしまいました。



なにがどう影響してくるのかというと、端末と格安SIMの回線の相性が悪い組み合わせだと、通信スピードが落ちたり、通信エラーが起る確率が上がるとのことです。



ポイント②
販売員の言うことは半分信用して半分信用してはいけない!



私はビックカメラとヨドバシカメラとヤマダ電機で複数人の店員に話を聞いてきました。
が、そこで思ったことがあります。



この人達、、、絶対に自分の担当している会社を勧めてきやがる(# ゚Д゚)



私が家電量販店にわざわざ足を運んだのは、料金とか通信速度のリアルをちゃんとした人から聞きたかったからです。その上で「これだ!」というSIMカードを選びたかったのですが、この思惑はあまり上手くはいきませんでした。


適当に店員を捕まえて
「すみません、格安SIMへの乗り換えを考えてるんですけど、どこの会社がオススメですかね?」


と聞くと、



UQモバイルならUQモバイルのSIMを
freetelならfreetelのSIMを
楽天モバイルなら楽天モバイルのSIMを

勧められました。

まぁあたりまえっちゃあたりまえですね(^_^;)




そして、話を聞くとどれもそれっぽい良いことを言ってくれます。
予備知識がないと思わず「じゃあここに決めます!」って言ってしまいそうになります。。。


さすが営業マン!


売り場で声をかけられたら、その人が着ている服のロゴを見てみてください。
絶対にその人の会社のSIMを勧めてきますのでw



私はこの”服の法則”を途中からかなり警戒していたので、ある時、SIMカードの会社にない無難そうな服を着ているお兄さんにSIMカードのことを質問しました。



するとこのお兄さんはY!mobileをかなり勧めてくれました。


お兄さんの腕章をチラッと見るとそこには”ソフトバンク光”の文字が、、、、

「あのーお兄さん、ちなみにY!mobileってどこの回線使ってるんですか?」

ソフトバンクですね!


・・・Σ(゚Д゚)


家電量販店で格安SIMを検討する際は、SIMの会社だけでなく、回線にもご注意を!


この頃、格安SIMの回線はドコモとauしかないと思っていたのでソフトバンクはかなり不意打ちでしたw




ポイント③
格安SIMはそれぞれの特性で選ぶべき!



格安SIMを選ぶ時、恐らくみんなが気にするのは”金額”と”通信スピード”だと思います。
私もこれらがめちゃくちゃ気になりました!


特に通信スピードはかなり気になりました!
で、ネットで調べまくりましたw


色々なサイトで、色々な検証結果が載っていますが、結論から言ってしまうと


ドコモ回線→LINEモバイルか楽天モバイル
ソフトバンク回線→Y!mobile
au回線→UQモバイル



を選んでおけば間違いありません!


料金は正直どこの会社の格安SIMも大差ありませんでした。


では格安SIMは何で選べばよいかというとその”特性”で選んだほうがいいです!



例えば私が使っているLINEモバイルであれば主要SNS(LINE、Facebook、Instagram、Twitter)がカウントフリーになるという特性があります。



これは、上記主要SNSはどれだけ使っても容量を消費しないよ!という特性です。更にLINE MOBILEはLINE電話もカウントフリーで使うことができるのです!



これは格安SIMの中からLINEモバイルを選ぶにあたっての大きなアドバンテージでした!



ちなみにfreetelという会社のSIMも上記主要SNSがカウントフリーになりますが、LINE電話は対象外らしいです。これはfreetelの店員からは教えてもらえず、LINEモバイルの店員から教えてもらいました。



他にも楽天モバイルであれば楽天ポイントが貯まるといった特性UQモバイルなら◯分までの通話料金が無料といった、それぞれのSIMにそれぞれの特性があるので、自分のライフスタイルと合うSIMカードを選んだ方が、最終的にはお得になります。





結局、私は13年間一緒だったドコモと袂を分かち、LINEモバイルに乗り換えましたが、今のところ何も困っていません。


LINEモバイルでは、プランの中に7GBプランもあったし、主要SNSをどれだけ使っても無料だし、1回あたり10分間までの通話なら無料になるオプションも付けられました。

しかもキャンペーン中で2ヶ月間は料金がかからないというおまけ付きです!


それでドコモの時よりも半額程度の金額に抑えられています。



月々4,000円近くの節約です。
年間で48,000円です。



スカイスキャナ−とかで上手く狙えば海外旅行にもいけちゃいますねこれは!


ちなみにLINEモバイルはわざわざ家電量販店に行かなくてもネットで買えますので、これを気に格安SIMを検討したいなーという人は一度みてみてください!





格安チケットのスカイスキャナーもそうですが、格安で宿に泊まれるアゴダや、現地の人との交流が深められるAirbnbなども広まり、これからますます海外が身近になってきます。


その時に海外の”標準”であるSIMカードについて色々と理解しておくことは、海外での自由度を大きく広げてくれます!


格安SIMにみんな乗り換え始めれば、ドコモもきっともう少し安いプランを出してくれるんだろうなー(T_T)願



■お知らせ

何でも相談!世界一周夫婦による出張講座!

ちょっと大げさなタイトルですが
いつかは世界一周に行ってみたいと思っている人がいたら、悩んでないで何でも相談してください!

不安なことやわからないことは山ほどあると思います。
大抵はネットで調べれば答えは出てきます。

でもそれを1つ1つ調べていたら時間がいくらあっても足りません。
それに、ネットばかり見ていると見たくもない余計な不安事も引っ張ってきてしまったりして
ネガティブな気分になることもあると思います。

ネットの中の情報は時に真実で、時に過剰です。

せっかくのその”行きたい”という気分を大切にしてください!

また、世界一周だけに限らずこんなことで悩んでいる人、こんな事を目指している人の
相談にものれます!


●夫婦で旅をしたいと思っている人
●世界一周とまでは言わないけどアジア周遊とかしてみたいと思っている人
●1人旅にチャレンジしたいと思っている人
●いい加減、旅行会社のツアーに頼らない旅行をしたいと思っている人


旅をするにあたっての各種必要な役所の手続き、本当に必要な持ち物、絶対に持っていったほうが良い持ち物、旅のルート、現地での格安SIMカードの買い方、便利なアプリ、格安航空券の取り方、宿の取り方、現地ツアーの申込方法、帰国後の面倒な手続き、旅先の治安、オススメの場所、最低限必要な英語力といった具体的なことから、私たちが結構ずっと不安だった「現地に着いてからまず何をすればいいんだろう?」といった不安事まで何でも相談していただけます。


連絡方法:このブログやFacebookにコメントやメッセージをください。
訪問場所:東京都内(カフェでも公園でも!)
相談人数:1名でも2名でも複数でも大丈夫です
相談形式:質問者の相談にのります
相談時間:1時間くらい
相談費用:無料ですがカフェであればカフェ代をご馳走ください。



相談のご連絡お待ちしてます\(^o^)/


Facebookページ
@こんぶろぐのFacebookページです。
「いいね!」をしていただけるとブログの更新情報が届くようになりますm(_ _)m







Instagram
実はInstagramにも写真をアップしています。
この旅行ではじめてちゃんとしたカメラを持った私たちが撮った「奇跡の1枚」たちです。

@kon_tsugu

スポンサードリンク